人気ブログランキング |

魔法打ち日記『怠惰る・ウェーブ』(輪廻編)


モルトウィスキーが好き。日本酒は二日酔いするので苦手。それでも日本人。
by maroso_76b
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

PythonでGET/POSTはともかくPUT/DELETEする方法がよくわからんのじゃよ・・・

Pythonの話。

http://nishiokya.blogspot.com/2009/04/python-openstreetmap.html
上記より一部抜粋。
----
conn = httplib.HTTPConnection("api.openstreetmap.org:80")
conn.request("PUT", "/api/0.5/node/369934997", body, headers)
response = conn.getresponse()
print response.status, response.reason
data = response.read()
#print data
conn.close()
----
偉いわかりやすいような、動かしてみないとわからんというか。

とりあえず、血反吐を吐くのは来月半ばかなぁと。

omake

http://benjamin.smedbergs.us/blog/2008-10-21/putting-and-deleteing-in-python-urllib2/

あと、ぼうでっかいけいじばんでみたのでここに写してみた。
----
- htmllib.HTMLParser, formatter.AbstractFormatter, formatter.DumbWriter
HTML を解釈 (parse) して整形 (format) し、出力 (write) するクラスライブラリ。
インタフェースを定めて複数のクラスを入れ子状に連携させる例になっている。
3つのクラスがそれぞれ HTML の解析に関するクラス、データの整形に関するクラス、
整形されたデータの書き出しに関するクラスに分かれていて、各クラスが容易に
再利用できる(つまり自分流に手を加えてアレンジできる)ようになっている。
正直言って、最初に読んだときはさっぱり理解できなかった。実際に自分でアプリを
書いてクラス群を再利用してみてようやくクラス設計のスゴさが分かった。

- SocketServer.TCPServer, SocketServer.StreamRequestHandler
ソケット通信に基づくサーバを作るためのクラスライブラリ。
接続を待ち受けるサーバクラス (TCPServer) と、個々の接続に対する応用依存の
処理を記述するハンドラクラス (StreamRequestHandler) の2つでサーバを構成する。
一つの接続に対して一つのハンドラクラスのインスタンスが作られる。
これらのクラスの用例に BaseHTTPServer, SimpleHTTPServer 等がある。
これも最初に読んだときは理解が及ばなかったが使ってみて納得し、感心した。
----

ぐったり・・・
by maroso_76b | 2009-11-19 23:09 | 独り言
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧